HOME > COMMUNITY > COLUMN > 詳細を見る
COLUMN
北米における 日本人ディアスポラ伝道
by.CGNTV
hit 68 recomend 17 2017-12-05 10:03:55

北米における 日本人ディアスポラ伝道

 

LA ジュビリー教会 牧師 北野 実

 

トーランス、南カリフォルニア州の日系教会

私は6年ほど前にアメリカに渡り、日本人ディアスポラ伝道のビジョンを抱いて、ロサンゼルス南西部にある都市トーランスで、開拓を始めました。海外でイエスを信じ、洗礼を受ける在外日本人の数が、国内での受洗者の数と変わらないと言われてから20数年になります。ここは、トヨタやホンダを中心に約250の日系中小企業がある町で、人口約11万人のうち日本人が約1万5千人、韓国人も約2万人住んでいます。私は、ここで暮らす日本人(留学生、駐在員、永住者など)に向けて伝道し、牧会をしています。伝道は関係伝道を心がけ、日本人学校のアフタースクールのサッカーチームのコーチをしたり、また韓国料理教室を通して駐在員の婦人たちに伝道しています。

教会での養育としては、① QTの学び、② 新来会者の5週間の学び、③ 1対1弟子養育聖書研究をしています。養育の働きを通して人を育て、主によって彼らが変えられ、彼らがまた別の人に伝えるようになるのを見ると、本当にやりがいを感じ、主に感謝しています。また、開拓して間もない時期に、アウトリーチチームを受け入れたことがあります。サンタモニカ・オンヌリ教会が毎年やって来て合同礼拝をしたり、私たちの記念礼拝のときにLAオンヌリ教会のイ・ジョンヨプ先生(リビングライフ前編集長)がメッセージをしに来てくださったりもしました。このように、日韓の架け橋になるという私たちの教会のビジョンを神様が祝福してくださっているのを感じます。これらの働きを受けて、私たちの教会も、受けた恵みを流すために、まずは「故国日本にアウトリーチに行く」ために祈り、準備しています。とどまる私たちは祈りの宣教師として、次の場所に行く人は遣わされた場所で宣教師として仕えます。

 

CGNTV:10分メッセージの作成

南カリフォリニア州には10万人を越える日本人が暮らしていて、彼ら全員に福音を語る必要があります。でも、それは、私たちの教会だけでできることではありません。南カリフォルニア州にある他の日系教会とも協力して仕え、伝道することが不可欠です。その第一歩として、南加キリスト教教会連合の先生方に、「CGNTVで10分メッセージ流す」というアイデアを提案しました。ロサンゼルスで撮影して日本で放送し、インターネットを通して南カリフォルニア州でも視聴できるようにして伝道するという方法です。この企画はわずか2か月弱で準備が進んで撮影をすることになり、これは神様の御心だと思いました。ところが、撮影の直前になって、この地域に停電が起こりました。友人の牧師とそれぞれの場所で奉仕をしながらも、電話で祈りの時を持ちました。当日は午前6時から無事に電気が復旧し、アメリカCGNTVのスタジオをお借りして、10分メッセージの撮影を進めることができました。しかも、スタジオに来るときにだれも迷わず、NGもなしで10人のメッセージを撮ることができました。私も全員の撮影を手伝い、韓国人スタッフの通訳をしました。本当に大変でしたが、仕えることの意味と、犠牲を通して主のみわざがなされることを体験し、まさに水がぶどう酒に変わるような祝福をいただきました。

 

ラブ・ソナタを通して学んだこと

数年前に、南カリフォルニア州宣教100周年記念大会があり、私は準備委員の奉仕をさせていただきました。700名近くの参加者が与えられ、「私たちにもできる」という思いが与えられました。しかし、その後は連合して行う働きがありませんでした。そんな中、私は今年、教会奉仕のために東京に一時帰国をし、その際に、ラブ・ソナタ東京の実行委員会に特別参加させていただく恵みがありました。10周年を迎えて韓国のオンヌリ教会が奉仕するだけでなく、日本の教会が連合し、福音宣教のために、主イエスのために人々が献身する姿に、「日本が変えられえていく! 日本がリバイバルしていく!」という期待が与えられました。ラブ・ソナタ実行委員会を通して学んだことがあります。① 地域教会の連合です。南カリフォルニア州の日系教会が福音宣教のために一つになるようにという祈りが始まりました。② 日本と韓国の連合です(私の個人的なビジョンです)。歴史的、社会的に難しい両国が、このアメリカでキリストの愛によって一つになるようにと祈ります。③ 神様と人との連合です。北米、南カリフォルニアに住んでいて、いまだにイエス・キリストを知らない10万人を超える日本人にイエス・キリストの愛を伝えていきます。たましいの救いのキーは祈りです。祈れば神様が働いてくださるからです。神様と人がイエス様の愛で一つになれるように、また、南カリフォルニア州の日系教会のリバイバルのために祈り、応援してくださると感謝です。

 

北野 実

大阪生まれ。奈良大学卒業。韓国 総神大学院(M, DIV)卒業。韓国 オンヌリ教会日本語礼拝部で5年半、韓国サラン教会日本語礼拝部(留学生担当)で3年、アメリカ・ロサンゼルス郡トーランスにてジュビリー教会(南部バプテスト連盟)を開拓し、仕えている。

 

 

本文は、『リビングライフ STORY 2017年12月』 (Duranno書院)より、抜粋したものです。

트위터로 보내기
TEXT ▲TEXT ▼
おすすめ 返信 リスト
 38773332 認証キーを入力してください
パスワードを入力してください
コメント書き込み