HOME > COMMUNITY > ESSAY > 詳細を見る
ESSAY
再び来られる
by.CGNTV
hit 70 recomend 16 2019-07-29 11:50:27

再び来られる

 

ゼカリヤ書14:1〜9

 

  人々がビジョンという単語を使用するときは、現在から未来を見通すという意味で使用する。しかし、真のビジョンは未来から現在を眺めることである。現在の選択が未来を決定することは明らかである。しかし、現在に正しい選択をするためには、訪れる未来を知らなければならない。

人々は将来起こるかもしれないことを心配して備えるが、確実に訪れる未来に対しては備えない。 将来かかるかも知れない病気に対しては備えていても、必ず起こる死に対しては備えない。

  私たちはよく、未来を予測できたらよいのにと考える。そうすることができたら、成功する確率が高いからである。しかし、どんな人も百パーセント正確に未来を予測できない。ただ推定するだけである。

  しかし、聖書は人類の未来を確実に預言している。まさに人類に終末が来るということである。未来にユートピアなどない。ユートピアはギリシア語で「ユー・トポス (ou topos)" で、そんな所はない、という意味である。未来には、ユートピアではなく、終末があるにすぎない。そして、その中心には再び来られるイエス・キリストがいる。

  聖書には、イエスの初臨に対して、直接的・間接的な預言が456回も記されている。だとしたら、イエスの再臨と終末に対しては、どれだけ預言されているであろうか。1518回である。 456回もあるイエスの初臨に対する預言が完全に成就したように、1518回もされている イエスの再臨と終末の預言も完全に成就するであろう。

 

本文は、『悔い改めは神の恵み』 (イ・ジェフン著、日本Duranno書院)より、抜粋したものです。

트위터로 보내기
TEXT ▲TEXT ▼
おすすめ リスト
 27651473 認証キーを入力してください
パスワードを入力してください
コメント書き込み