HOME > Q.T > リビングライフリビングライフ
リビングライフ
放映
リビングライフ
編数 :2132 状態 :放映 트위터로 보내기
      ウィンドウを開く お気に入りに登録
profile

21 そのとき、ペテロがみもとに来て言った。「主よ。兄弟が私に対して罪を犯した場合、何回赦すべきでしょうか。七回まででしょうか。」
22 イエスは言われた。「わたしは七回までとは言いません。七回を七十倍するまでです。
23 ですから、天の御国は、王である一人の人にたとえることができます。その人は自分の家来たちと清算をしたいと思った。
24 清算が始まると、まず一万タラントの負債のある者が、王のところに連れて来られた。
25 彼は返済することができなかったので、その主君は彼に、自分自身も妻子も、持っている物もすべて売って返済するように命じた。
26 それで、家来はひれ伏して主君を拝し、『もう少し待ってください。そうすればすべてお返しします』と言った。
27 家来の主君はかわいそうに思って彼を赦し、負債を免除してやった。
28 ところが、その家来が出て行くと、自分に百デナリの借りがある仲間の一人に出会った。彼はその人を捕まえて首を絞め、『借金を返せ』と言った。
29 彼の仲間はひれ伏して、『もう少し待ってください。そうすればお返しします』と嘆願した。
30 しかし彼は承知せず、その人を引いて行って、負債を返すまで牢に放り込んだ。
31 彼の仲間たちは事の成り行きを見て非常に心を痛め、行って一部始終を主君に話した。
32 そこで主君は彼を呼びつけて言った。『悪い家来だ。おまえが私に懇願したから、私はおまえの負債をすべて免除してやったのだ。
33 私がおまえをあわれんでやったように、おまえも自分の仲間をあわれんでやるべきではなかったのか。』
34 こうして、主君は怒って、負債をすべて返すまで彼を獄吏たちに引き渡した。
35 あなたがたもそれぞれ自分の兄弟を心から赦さないなら、わたしの天の父もあなたがたに、このようになさるのです。」

 

 

今日のみことばの要約

兄弟が罪を犯した場合、何回赦すべきかとペテロが聞くと、イエスは、7回を70倍するまで赦すように言われます。1万タラントの負債を免除してもらった家来は、100デナリの借りがある仲間を牢に放り込んだため、再び牢に入れられました。このように、兄弟を赦さないなら、天の父も同じようにされます。

 

 

みことばから

赦しに関する教え (18:21〜35)
人を赦すのは難しいことですが、私たちは必ずその戒めを守らなければなりません。兄弟が罪を犯したら何度赦すべきですかとペテロが問うと、イエスは、主君と家来の負債関係のたとえを話されました。主君に一万タラントもの大きな負債のある家来がいましたが、主君は彼をかわいそうに思い、巨額の負債を免除してやりました。ところが彼は、自分に百デナリの借りのある仲間を赦さず、牢に入れてしまいます。その話を聞いた主君は、彼を再び獄吏に引き渡しました。イエスは、私たちが心から赦さないなら、神も私たちを赦さないと警告されます。神に返しきれないほどの罪の負債を免除された私たちは、百デナリほどの隣人の咎を赦すべきです。七の七十倍(無限に)赦さなければなりません。信仰生活において、赦しは選択ではなく主の命令です。


 - 赦すことを知らない家来はどうなりましたか。赦されたように人を赦すことを願われる神のみこころを、だれに、どうやって実践するべきですか。

 

 

* リビングライフの文章のコンテンツ著作権は、ツラノ書院にあります。

一般画質 オーディオ
No Update Title Lecturer Play
選択項目を連続再生 選択項目をお気に入りに登録