HOME > Q.T > リビングライフリビングライフ
リビングライフ
放映
リビングライフ
編数 :2709 状態 :放映 트위터로 보내기
      ウィンドウを開く お気に入りに登録
profile

29:15 ラバンはヤコブに言った。「あなたが私の親類だからといって、ただで私に仕えることもないだろう。どういう報酬が欲しいのか、言ってもらいたい。」

29:16 ラバンには二人の娘がいた。姉の名はレア、妹の名はラケルであった。

29:17 レアは目が弱々しかったが、ラケルは姿も美しく、顔だちも美しかった。

29:18 ヤコブはラケルを愛していた。それで、「私はあなたの下の娘ラケルのために、七年間あなたにお仕えします」と言った。

29:19 ラバンは、「娘を他人にやるよりは、あなたにやるほうがよい。私のところにとどまっていなさい」と言った。

29:20 ヤコブはラケルのために七年間仕えた。ヤコブは彼女を愛していたので、それもほんの数日のように思われた。

29:21 ヤコブはラバンに言った。「私の妻を下さい。約束の日々が満ちたのですから。彼女のところに入りたいのです。」

29:22 そこでラバンは、その土地の人たちをみな集めて祝宴を催した。

29:23 夕方になって、ラバンは娘のレアをヤコブのところに連れて行ったので、ヤコブは彼女のところに入った。

29:24 ラバンはまた、娘のレアに、自分の女奴隷ジルパを彼女の女奴隷として与えた。

29:25 朝になって、見ると、それはレアであった。それで彼はラバンに言った。「あなたは私に何ということをしたのですか。私はラケルのために、あなたに仕えたのではありませんか。なぜ、私をだましたのですか。」

29:26 ラバンは答えた。「われわれのところでは、上の娘より先に下の娘を嫁がせるようなことはしないのだ。

29:27 この婚礼の一週間を終えなさい。そうすれば、あの娘もあなたにあげよう。その代わり、あなたはもう七年間、私に仕えなければならない。」

29:28 そこで、ヤコブはそのようにした。すなわち、その婚礼の一週間を終えた。それでラバンは、その娘ラケルを彼に妻として与えた。

29:29 ラバンは娘のラケルに、自分の女奴隷ビルハを彼女の女奴隷として与えた。

29:30 ヤコブはこうして、ラケルのところにも入った。ヤコブは、レアよりもラケルを愛していた。それで、もう七年間ラバンに仕えた。

 

今日のみことばの要約

ラバンに報酬を尋ねられたヤコブは、ラケルとの結婚を条件に7年間仕えることにします。しかし、期限が満ちるとラバンはレアを与えます。ヤコブは朝になってレアと結婚したことを知ります。ヤコブは1週間後、ラケルと結婚し、もう7年間ラバンに仕えます。ヤコブは、レアよりもラケルを愛していました。

 

みことばから

ラケルを愛したヤコブ 29:15〜20

愛は、辛い仕事の重さを軽くしてくれます。ヤコブはラバンの家で過ごして彼のために働きました。ラバンはヤコブに労働の報酬を与えると言いましたが、ラケルを愛していたヤコブは、ラケルを妻として下さいと答えます。当時、男が妻を迎えるためには結婚持参金が必要でしたが、無一文だったヤコブは、7年間ラバンのために働くことを申し出ます。結婚持参金の代わりだとしても、7年は長い歳月です。これは、ラケルに対するヤコブの深い愛とともに、ラバンの強い貪欲を表しています。良い働き人を手に入れたと考えたラバンは、ヤコブの申し出を受け入れます。ヤコブはさらにラバンのために働きますが、ラケルを愛していたので、7年という長い歳月は、ほんの数日のように思われました。

 

-ヤコブが7年を数日のように思って働くことができた理由は何ですか。不当な待遇を受けても、喜んで働くことのできる原動力は何ですか。

 

ラバンにだまされたヤコブ 29:21〜30

神は、苦しみを通してヤコブを変えていかれます。7年の期限を満たしたヤコブは、ラケルを自分の妻に下さいと言います。当時の風習では、結婚式の時は花嫁の顔を見ることができませんでした。ヤコブは、ラバンがレアを与えたとも知らず、彼女のところに入ります。朝になり、ヤコブはレアであることを知って嘆きます。ラバンにだまされたからです(25節)。この出来事は、過去にヤコブが長子の祝福を受けるために、イサクとエサウを欺いたことを思い出させます(27:35)。ヤコブはラケルを妻とするために、ラバンのもとでさらに7年間、働かなければなりませんでした。神の約束の成就を待てずに長子の権利を奪ったヤコブが、ラバンのもとで誠実に忍耐する人になるために鍛錬されます。

 

-ラバンに欺かれたことを知ったヤコブの心情はどうだったでしょう。ほかの人の不義を通して、自分の不義に気づいたことがありますか。

 

今日の祈り

主よ、理解できない苦しみの中にも悟るべき主のみこころを見出させてください。辛く苦しい時、不平や不満を言うのではなく、神様の御前で信仰の告白をすることができますように。現実を越えて、神様の時に成就される摂理があることを信じて待つことができますように。

 

* リビングライフの文章のコンテンツ著作権は、ツラノ書院にあります。

一般画質 オーディオ
No Update Title Lecturer Play
選択項目を連続再生 選択項目をお気に入りに登録