HOME > Q.Tリビングライフ
リビングライフ
放映
リビングライフ
編数 :2470 状態 :放映 트위터로 보내기
      ウィンドウを開く お気に入りに登録
profile

19 さて、イエスのところに母と兄弟たちが来たが、大勢の人のためにそばに近寄れなかった。
20 それでイエスに、「母上と兄弟方が、お会いしたいと外に立っておられます」という知らせがあった。
21 しかし、イエスはその人たちにこう答えられた。「わたしの母、わたしの兄弟たちとは、神のことばを聞いて行う人たちのことです。」
22 ある日のことであった。イエスは弟子たちと一緒に舟に乗り、「湖の向こう岸へ渡ろう」と言われたので、弟子たちは舟を出した。
23 舟で渡っている間に、イエスは眠り始められた。ところが突風が湖に吹きおろして来たので、彼らは水をかぶって危険になった。
24 そこで弟子たちは近寄ってイエスを起こし、「先生、先生、私たちは死んでしまいます」と言った。イエスは起き上がり、風と荒波を叱りつけられた。すると静まり、凪になった。
25 イエスは彼らに対して、「あなたがたの信仰はどこにあるのですか」と言われた。弟子たちは驚き恐れて互いに言った。「お命じになると、風や水までが従うとは、いったいこの方はどういう方なのだろうか。」

 

今日のみことばの要約

 母と兄弟たちが会いに来たという知らせを聞いたイエスは、神のことばを聞いて行う人こそ母であり兄弟であると答えられます。イエスと一緒に乗った舟が突風によって危険になると、弟子たちは眠っているイエスを起こします。イエスは嵐と荒波を叱って鎮め、弟子たちに「信仰はどこにあるのか」と言われます。

 

みことばから

 イエスの家族 (8:19〜21)

信仰の人は、血縁関係に縛られません。イエスの母マリアと兄弟たちがイエスに会おうとしてやって来たので、ある人がイエスにそのことを告げます。するとイエスは、その状況を活用して大切なことを教えられます。「わたしの母、わたしの兄弟たちとは、神のことばを聞いて行う人たちのことです」(21節)というイエスのことばは、肉の母や兄弟たちを無視した発言ではありません。神のことばを通して救われた人々は永遠に続く真の家族となったことを教えてくださったのです。真理のことばであるイエスを信じて従う私たちは、この世だけでなく、永遠の天の御国でも神の家族として愛の交わりが続きます。教会は、みことばによって一つにされた家族共同体なのです。

 

- イエスの家族となる秘訣は何ですか。あなたはイエスにあって霊的家族となった兄弟姉妹をどのように愛し、仕えていますか。

 

風と荒波を鎮められる (8:22〜25)
信仰が弱い人は、困難に直面すると、すぐに恐れにとらわれます。ある日、イエスが弟子たちと湖の向こう岸へ渡るために舟に乗ります。そこでイエスが眠られたことは、この方が私たちと同じ人間であったことを示しています。イエスと弟子たちを乗せた舟が向こう岸に向かう途中、突風が吹いて水をかぶるほどになります。弟子たちは不安になり「先生、私たちは死んでしまいます」(24節)と、眠っておられたイエスを起こします。起き上がられたイエスが風と荒波を叱りつけると(24節)、すぐに静かになります。イエスは、自然万物を統べ治められる全能なる神です。イエスは弟子たちに「あなたがたの信仰はどこにあるのですか」(25節)と言われます。危機の時こそ、信仰が問われるのです。

 

- 弟子たちが突風を恐れた理由は何ですか。あなたが恐れるものは何であり、それを克服するためにあなたに必要なものは何ですか。

 

きょうの祈り 

 みことばを聞いて行う者を家族としてくださるイエス様の愛を黙想します。荒々しく吹きつける風や荒波を鎮められるイエス様に、私はどれほど信頼してきたでしょうか。私の家族や親戚の人たちにも、主を信じて従い、永遠の主の家族となれるよう、福音を伝えさせてください。

 

 

* リビングライフの文章のコンテンツ著作権は、ツラノ書院にあります。

一般画質 オーディオ
No Update Title Lecturer Play
選択項目を連続再生 選択項目をお気に入りに登録