HOME > Q.Tリビングライフ
リビングライフ
放映
リビングライフ
編数 :1152 状態 :放映 트위터로 보내기
      ウィンドウを開く お気に入りに登録
profile

26 ところが、主の使いがピリポに向かってこう言った。「立って南へ行き、エルサレムからガザに下る道に出なさい。」(このガザは今、荒れ果てている。)
27 そこで、彼は立って出かけた。すると、そこに、エチオピヤ人の女王カンダケの高官で、女王の財産全部を管理していた宦官のエチオピヤ人がいた。彼は礼拝のためエルサレムに上り、
28 いま帰る途中であった。彼は馬車に乗って、預言者イザヤの書を読んでいた。
29 御霊がピリポに「近寄って、あの馬車といっしょに行きなさい」と言われた。
30 そこでピリポが走って行くと、預言者イザヤの書を読んでいるのが聞こえたので、「あなたは、読んでいることが、わかりますか」と言った。
31 すると、その人は、「導く人がなければ、どうしてわかりましょう」と言った。そして、馬車に乗っていっしょにすわるように、ピリポに頼んだ。
32 彼が読んでいた聖書の個所には、こう書いてあった。「ほふり場に連れて行かれる羊のように、また、黙々として毛を刈る者の前に立つ小羊のように、彼は口を開かなかった。
33 彼は、卑しめられ、そのさばきも取り上げられた。彼の時代のことを、だれが話すことができようか。彼のいのちは地上から取り去られたのである。」
34 宦官はピリポに向かって言った。「預言者はだれについて、こう言っているのですか。どうか教えてください。自分についてですか。それとも、だれかほかの人についてですか。」
35 ピリポは口を開き、この聖句から始めて、イエスのことを彼に宣べ伝えた。
36 道を進んで行くうちに、水のある所に来たので、宦官は言った。「ご覧なさい。水があります。私がバプテスマを受けるのに、何かさしつかえがあるでしょうか。」
37 {そこでピリポは言った。「もしあなたが心底から信じるならば、よいのです。」すると彼は答えて言った。「私は、イエス・キリストが神の御子であると信じます。」}
38 そして馬車を止めさせ、ピリポも宦官も水の中へ降りて行き、ピリポは宦官にバプテスマを授けた。
39 水から上がって来たとき、主の霊がピリポを連れ去られたので、宦官はそれから後彼を見なかったが、喜びながら帰って行った。
40 それからピリポはアゾトに現われ、すべての町々を通って福音を宣べ伝え、カイザリヤに行った。

   

今日のみことばの要約

ピリポが主の使いに命じられたとおり、ガザに下る道に出ると、エチオピヤ人の女王カンダケの高官に出会います。ピリポは高官が読んでいたイザヤ書から福音を伝え、高官の願いどおりに彼にバプテスマを授けます。高官は喜びながら帰って行き、ピリポはアゾトの町々で福音を宣べ伝え、カイザリヤに行きます。 

 

みことばから

エチオピヤの宦官とピリポの出会い (8:26~30)
神は、みことばに親しみ、悟りを求める人に恵みを施されます。エチオピヤの宦官はユダヤ教に改宗した異邦人で、国庫管理をしばらく後回しにしてエルサレムまで行って礼拝するほど、神を畏れる人でした。さらには、国に帰る馬車の中でも聖書を読むほど、神のみことばを慕い求めていました。この宦官を救うために、神が人を遣わされました。ピリポは神の命令に従って荒れた地域もいとわず、すぐに立って出かけます。すると、そこで主のみことばを慕い求めるエチオピヤ人の宦官に出会いました。神は今も、聖霊の導きに従い、真理に飢え渇くたましいを捜し、どこへでも駆けつける人を求めておられます。

 

 - ピリポとエチオピヤの宦官の出会いはどのように果たされましたか。聖霊の示しに従ってあなたが行くべき「荒れ地」はどこですか。


バプテスマを受けて帰った宦官 (8:31~40)
救いを求める謙遜な心と真実な伝道者の情熱に聖霊の導きが加われば、人が新しく生まれ変わるみわざが起こります。エチオピヤ人の宦官は、イザヤ書53章に預言されている、苦難を受ける主のしもべがだれを指すのかを知りたがりました。彼は国の高官でしたが、体面を気にせず、初対面のピリポから神のことばを学ぼうと謙遜に助けを求めます。ピリポが伝えたイエスの福音を聞いて、宦官が何のためらいもなくバプテスマを受ける決断をしたのは、彼がイエスを救い主として受け入れたという証拠です。クリスチャンとして生まれ変わった宦官は、喜んで国に帰って行き、イエスを伝えたことでしょう。一方、聖霊は、ピリポをまた別の場所に導いて福音を宣べ伝えさせます。世界の福音化のための聖霊の働きは、主が再び来られるその日まで続きます。

 

 - 福音を聞く宦官と福音を伝えるピリポの姿勢はどうでしたか。だれかに信仰の助けを求めたり、助けたりしたことがあるなら、どんなときですか。

 

きょうの祈り

いつどこででもみことばに飢え渇いたたましいに出会わせ、導いてくださる主に期待し、きょうもみことばの前で心を開きます。福音が必要な人々に、ピリポのような情熱をもって近づき、キリストを伝えることができますように。 

 

* リビングライフの文章のコンテンツ著作権は、ツラノ書院にあります。

一般画質 オーディオ
No Update Title Lecturer Play
選択項目を連続再生 選択項目をお気に入りに登録