HOME > Q.Tリビングライフ
リビングライフ
放映
リビングライフ
編数 :1207 状態 :放映 트위터로 보내기
      ウィンドウを開く お気に入りに登録
profile

23 そこで、彼らは日を定めて、さらに大ぜいでパウロの宿にやって来た。彼は朝から晩まで語り続けた。神の国のことをあかしし、また、モーセの律法と預言者たちの書によって、イエスのことについて彼らを説得しようとした。
24 ある人々は彼の語る事を信じたが、ある人々は信じようとしなかった。
25 こうして、彼らは、お互いの意見が一致せずに帰りかけたので、パウロは一言、次のように言った。「聖霊が預言者イザヤを通してあなたがたの父祖たちに語られたことは、まさにそのとおりでした。
26 『この民のところに行って、告げよ。あなたがたは確かに聞きはするが、決して悟らない。確かに見てはいるが、決してわからない。
27 この民の心は鈍くなり、その耳は遠く、その目はつぶっているからである。それは、彼らがその目で見、その耳で聞き、その心で悟って、立ち返り、わたしにいやされることのないためである。』
28 ですから、承知しておいてください。神のこの救いは、異邦人に送られました。彼らは、耳を傾けるでしょう。」
29 {彼がこれらのことを話し終えると、ユダヤ人たちは互いに激しく論じ合いながら、帰って行った。}
30 こうしてパウロは満二年の間、自費で借りた家に住み、たずねて来る人たちをみな迎えて、
31 大胆に、少しも妨げられることなく、神の国を宣べ伝え、主イエス・キリストのことを教えた。

   

今日のみことばの要約

大ぜいの人がパウロの宿にやって来ます。パウロは一日中、神の国とイエスのことを伝えます。パウロは彼らに、イザヤのことばどおり、ユダヤ人たちが聞いても悟らないので、神の救いが異邦人に送られたと言います。パウロは2年間、自費で借りた家で、神の国を宣べ伝え、主イエス・キリストのことを教えます。 

 

みことばから

福音を聞いたユダヤ人たちの反応 (28:23~28)
囚人の身分で軟禁状態にあったパウロは、自由に出かけられませんでしたが、自分を訪ねて来るユダヤ人たちに朝から晩まで語り、神の国とイエス・キリストについて伝えようとしました。パウロの説教を聞いて信じるユダヤ人もいましたが、伝統と選民意識を固守して福音を拒む人もいました。そこでパウロは、イザヤのことばを引用して、ユダヤ人に与えられるはずだった救いが異邦人に送られると告げます。そのように言うことによって、パウロはユダヤ人が選民であることを認めると同時に、自分がローマの異邦人たちに福音を伝える正当性を確保しました。パウロが囚人の身でありながらも福音を伝えたように、伝道は状況ではなく伝道者の情熱と意志が重要なのです。

 

 - パウロが住んでいた宿で話した内容は何であり、ユダヤ人たちはどう反応しましたか。あなたの中に福音伝道の情熱がありますか。


満2年間の情熱的な福音伝道 (28:30~31)
囚人の身分であったパウロの福音伝道が少しも妨げられなかったのは、神の特別な恵みと摂理によります。パウロはローマ市民なので、裁判を受けるまでは自費で借りた家に軟禁状態で過ごし、自分を訪ねて来る人々に自由に福音を伝えることができました。彼は、2年間、情熱をもって神の国とイエス・キリストについて伝えます。彼はこの期間に獄中書簡を書きます(エペソ人への手紙、ピリピ人への手紙、コロサイ人への手紙、ピレモンへの手紙)。このように蒔かれた福音によって、後日、ローマ帝国はキリスト教を公認することになります。地の果て宣教は、今や私たちが受け継ぎ、果たしていくべき使命です。私たちが使徒の働きを受け継ぐ主人公になったことを覚え、日々歩んでいきましょう。

 

 - 囚人の身のパウロは2年間何に励み、それはローマにどんな影響を与えましたか。あなたは、人生の中でどのように福音を伝えていきますか。

  

きょうの祈り

教会の迫害者であったパウロを異邦人宣教の器として用いられた主よ。これから私も小さな伝道者として用いてください。日々私のうちに福音への情熱を起こしてくださり、イエスの大宣教命令を受け継ぎ、大胆に神の国を広めていくことができますように。 

 

* リビングライフの文章のコンテンツ著作権は、ツラノ書院にあります。

一般画質 オーディオ
No Update Title Lecturer Play
選択項目を連続再生 選択項目をお気に入りに登録