HOME > Q.Tリビングライフ
リビングライフ
放映
リビングライフ
編数 :1124 状態 :放映 트위터로 보내기
      ウィンドウを開く お気に入りに登録
profile

1 主、私の救いの神。私は昼は、叫び、夜は、あなたの御前にいます。

2 私の祈りがあなたの御前に届きますように。どうか、あなたの耳を私の叫びに傾けてください。

3 私のたましいは、悩みに満ち、私のいのちは、よみに触れていますから。

4 私は穴に下る者とともに数えられ、力のない者のようになっています。

5 死人の中でも見放され、墓の中に横たわる殺された者のようになっています。あなたは彼らをもはや覚えてはおられません。彼らはあなたの御手から断ち切られています。

6 あなたは私を最も深い穴に置いておられます。そこは暗い所、深い淵です。

7 あなたの激しい憤りが私の上にとどまり、あなたのすべての波であなたは私を悩ましておられます。セラ

8 あなたは私の親友を私から遠ざけ、私を彼らの忌みきらう者とされました。私は閉じ込められて、出て行くことができません。

9 私の目は悩みによって衰えています。主よ。私は日ごとにあなたを呼び求めています。あなたに向かって私の両手を差し伸ばしています。

10 あなたは死人のために奇しいわざを行なわれるでしょうか。亡霊が起き上がって、あなたをほめたたえるでしょうか。セラ

11 あなたの恵みが墓の中で宣べられましょうか、あなたの真実が滅びの中で。

12 あなたの奇しいわざが、やみの中で知られるでしょうか、あなたの義が忘却の地で。

13 しかし、主よ。この私は、あなたに叫んでいます。朝明けに、私の祈りはあなたのところに届きます。

14 主よ。なぜ、私のたましいを拒み、私に御顔を隠されるのですか。

15 私は若いころから悩み、そして死にひんしています。私はあなたの恐ろしさに耐えてきて、心が乱れています。

16 あなたの燃える怒りが私の上を越え、あなたからの恐怖が私を滅ぼし尽くしました。

17 これらが日夜、大水のように私を囲み、私を全く取り巻いてしまいました。

18 あなたは私から愛する者や友を遠ざけてしまわれました。私の知人たちは暗い所にいます。

   

今日のみことばの要約

詩人は,たましいが悩みに満ち,神に昼夜叫びます。死人は主の恵みや真実,義を宣べることができないので,自分のたましいを拒まないでくださいと叫びます。彼は,若いころから悩み,主の恐ろしさに心が乱れています。主の怒りは自分の上を越え,愛する者を自分から遠ざけられたと言います。

 

みことばから

絶望の中での叫び (88:1~9)
苦難に耐え抜く力は,祈りの場で与えられます。この詩は,耐えがたい苦難を受けて絶望の中で叫び求める祈りで,詩篇全体の中で最も深い嘆きが込められています。悩み,よみ,墓,死人などの表現は,詩人の究極の絶望状態を表しています。彼は,苦難さえも神の主権下にあることを信じて,日ごとに主に向かって両手を差し伸ばして叫び求めます。私たちは,この地で,理由もわからず終わりも見えない苦難を経験することがあります。苦難の中で平安を与えるのは,人の慰めではなく,ただ主に叫び求める祈りです。昼夜叫び求める祈りによって,絶望の状況の中でも神がなされる救いの望みを抱くことができます。

 

 - 詩人は,耐えがたい苦しみの中で,どのように祈りますか。今,あなたが受けている苦難は何であり,神に向かってどのように祈りますか。


若いころから受けてきた苦難 (88:10~18)
苦難の時は,忍耐と鍛錬の期間であり,祈りによって深い霊性が形成される時です。詩人は,若い頃から苦難を受け,悩みが耐えませんが,失望しません。かえって朝ごとに主に向かって心の奥底にある傷を正直に打ち明けます。苦難の時に愛する人々や友人たちが去っていくことは,人に信頼せずに神だけを見上げなさいという教訓を与えてくれます。十字架の上で,神に「どうしてわたしをお見捨てになったのですか」(マタ 27:46)と叫ばれたイエスのように,神に見捨てられたかのような苦難の時に,聖徒は神に叫び求めて祈らなければなりません。絶望的な状況が続いても,祈ることによって痛みや傷を神に打ち明けることができるのは,聖徒の特権です。朝ごとに,また昼夜叫び求める祈りは,問題解決と霊的成熟をもたらします。

 

 - 朝から叫び求める詩人の心境は,どのようなものですか。神があなたに四面楚歌のような苦難を与えられる理由は何ですか。

 

きょうの祈り

終わりそうもない苦しみの中で,正直な心で主にお会いすることを願います。最も大きな苦しみを十字架の上で受けられたイエス・キリストを黙想し,苦しみから抜け出すことだけを望むのではなく,苦しみの中で主の御心を悟ることができますように。 

 

* リビングライフの文章のコンテンツ著作権は、ツラノ書院にあります。

一般画質 オーディオ
No Update Title Lecturer Play
選択項目を連続再生 選択項目をお気に入りに登録