HOME > Q.Tリビングライフ
リビングライフ
放映
リビングライフ
編数 :2042 状態 :放映 트위터로 보내기
      ウィンドウを開く お気に入りに登録
profile

1 バビロンの王ベルシャツァルの元年に、ダニエルは寝床で、ある夢と、頭に浮かぶ幻を見た。それからその夢を書き記し、事の次第を述べた。
2 ダニエルは言った。「私が夜、幻を見ていると、なんと、天の四方の風が大海をかき立てていた。
3 すると、四頭の大きな獣が海から上がって来た。その四頭はそれぞれ異なっていた。
4 第一のものは獅子のようで、鷲の翼をつけていた。見ていると、その翼は抜き取られ、地から身を起こされて人間のように二本の足で立ち、人間の心が与えられた。
5 すると見よ、熊に似た別の第二の獣が現れた。その獣は横向きに寝ていて、その口の牙の間には三本の肋骨があった。すると、それに『起き上がって、多くの肉を食らえ』との声がかかった。
6 その後、見ていると、なんと、豹のような別の獣が現れた。その背には四つの鳥の翼があり、その獣には四つの頭があった。そしてそれに主権が与えられた。
7 その後また夜の幻を見ていると、なんと、第四の獣が現れた。それは恐ろしくて不気味で、非常に強かった。大きな鉄の牙を持っていて、食らってはかみ砕き、その残りを足で踏みつけていた。これは前に現れたすべての獣と異なり、十本の角を持っていた。
8 私がその角を注意深く見ていると、なんと、その間から、もう一本の小さな角が出て来て、その角のために、初めの角のうち三本が引き抜かれた。よく見ると、この角には人間の目のような目があり、大言壮語する口があった。
9 私が見ていると、やがていくつかの御座が備えられ、『年を経た方』が座に着かれた。その衣は雪のように白く、頭髪は混じりけのない羊の毛のよう。御座は火の炎、その車輪は燃える火で、
10 火の流れがこの方の前から出ていた。幾千もの者がこの方に仕え、幾万もの者がその前に立っていた。さばきが始まり、いくつかの文書が開かれた。
11 そのとき、あの角が大言壮語する声がしたので、私は見続けた。すると、その獣は殺され、からだは滅ぼされて、燃える火に投げ込まれた。
12 残りの獣は主権を奪われたが、定まった時期と季節まで、そのいのちは延ばされた。
13 私がまた、夜の幻を見ていると、見よ、人の子のような方が天の雲とともに来られた。その方は『年を経た方』のもとに進み、その前に導かれた。
14 この方に、主権と栄誉と国が与えられ、諸民族、諸国民、諸言語の者たちはみな、この方に仕えることになった。その主権は永遠の主権で、過ぎ去ることがなく、その国は滅びることがない。

 

 

今日のみことばの要約

ベルシャツァルの元年にダニエルが幻を見ます。四頭の大きな獣が海から上がって来ますが、第四の獣には大言壮語する小さな角があります。年を経た方が座に着き、さばきが始まると、第四の獣は殺され、燃える火に投げ込まれます。人の子のような方が、年を経た方から主権と栄誉と国を与えられます。

 

 

みことばから

ダニエルが見た四頭の獣の幻 (7:1〜8)
目に見えるこの世の国は、目に見えない神の国とは、その属性が全く違います。この世の王国は神の主権(2節、「天の四方の風」)によって建てられましたが、神の統治に逆らおうとします。その代表が「四頭の大きな獣」(3節)です。ここで「海」は、神の創造秩序を脅かそうとする勢力を、海から上がって来た四頭の獣(獅子、熊、豹、第四の獣)は、これから起こるこの世の王国を表しています。この世の王国には、獣のような暴力性が内在しています。その力は、時が経つほどますます強くなり、歴史の終わりには、神に逆らう悪の勢力、すなわち第四の獣から出た「小さな角」が現れます(8節)。悪の力が勢いを増し、クリスチャンの信仰を試すとき、私たちは神の統治原理を正しく認識し、揺るぐことなく信仰の道を進んで行くべきなのです。


 - ダニエルが見た幻は、ネブカドネツァルが見た幻(2:31~45)と何が似ていますか。信徒はこの世の権力に対し、どんな態度を取るべきですか。


ダニエルが見た天の御座の幻 (7:9〜14)
神は王の王であり、全世界のさばき主です。ダニエルが見た第二の幻は「年を経た方」が天の御座に着かれた姿です。その衣は雪のように白く、頭髪は羊の毛のようにきよく、この方の前には数多くの御使いがいます。白は、きよさと純潔を象徴します(黙 1:14)。ダニエルが見た幻は、ほかでもない、聖なる神とその御座です(イザ6章)。続いて「人の子のような方」が天の雲に乗って年を経た方のもとに進み、主権と栄誉と国を与えられます。彼の主権と国は永遠です。人の子のような方は、受肉されたイエスを指しています(黙 14:14)。イエスは、天と地のすべての権威を持っておられる方です(マタ 28:18)。


 - 「年を経た方」と「人の子のような方」はそれぞれ何を象徴していますか。歴史の主であるイエスに対し、どのような信仰を持っていますか。

 

 

きょうの祈り

世の権威がどんなに暴悪で威嚇的でも、すべて神様の主権下にあることを信じます。正義とあわれみをもって神様が統治される御国を仰ぎ見て、永遠の主権をもって来られるイエス様を待ち望みます。今日も、私が置かれている場所で黙々と神の国を築いていけますように。

 

 

* リビングライフの文章のコンテンツ著作権は、ツラノ書院にあります。

一般画質 オーディオ
No Update Title Lecturer Play
選択項目を連続再生 選択項目をお気に入りに登録