HOME > Q.Tリビングライフ
リビングライフ
放映
リビングライフ
編数 :2775 状態 :放映 트위터로 보내기
      ウィンドウを開く お気に入りに登録
profile

37:27 悪を離れて善を行え。いつまでも地に住め。

37:28 まことに主は義を愛し主にある敬虔な人をお見捨てにならない。彼らは永遠に保たれるが悪しき者どもの子孫は断ち切られる。

37:29 正しい人は地を受け継ぎいつまでもそこに住む。

37:30 正しい人の口は知恵を語りその舌は義を告げる。

37:31 その心には彼の神のみおしえがあり彼の歩みはよろけることがない。

37:32 悪しき者は正しい人を待ち伏せ彼を殺そうとする。

37:33 主は悪しき者の手の中に彼を捨て置かずさばきのときにも彼を不義に定めない。

37:34 主を待ち望め。主の道を守れ。主はあなたを高く上げ地を受け継がせてくださる。あなたは悪しき者どもが断ち切られるのを見る。

37:35 私は悪しき者の横暴を見た。彼は野生の木のようにはびこっていた。

37:36 だが彼は過ぎ去った。見よ彼はもういない。私は捜したが見つからなかった。

37:37 全き人に目を留め直ぐな人を見よ。平和の人には未来がある。

37:38 しかし背く者はことごとく滅ぼされ悪しき者どもの未来は断ち切られる。

37:39 正しい人の救いは主から来る。苦難のときの彼らの砦から。

37:40 主は彼らを助け解き放たれる。悪しき者どもから解き放ち彼らを救われる。彼らが主に身を避けているからだ。

 

 

今日のみことばの要約

悪を離れて善を行えば、いつまでも地に住みます。主は義を愛し、敬虔な人をお見捨てになりません。主を待ち望み、主の道を守る人に、主は地を受け継がせてくださいます。平和の人には未来がありますが、悪しき者どもの未来は断ち切られます。主に身を避ける正しい人は、苦難のときに救われます。

 

 

みことばから

悪を離れて善を行え 37:27〜33

義(正義)は神の統治原理です。神は、義を愛する敬虔な者をお見捨てになりません。このことは、私たちが悪を離れて善を行うよう励ましてくれます。人は、心に満ちていることが口から出るものです(ルカ 6:45)。正しい人の心には、「神のみおしえ」があるので(31節)、神から来る知恵と義を語ります。心に「神のみおしえがある」とは、神のことばをいつも黙想して従う習慣があるということです。そのように歩む人は、神が支えてくださるのでよろけず、よろけたとしても、すぐに立ち上がることができます。悪しき者は、罪のない正しい人を待ち伏せし、害を与えようとしますが、成功しません。義なる神は、悪しき者の企みを放っておかれることはなく、正しい人を永遠に守ってくださいます。

 

-心に神のみおしえがある人は、どのように生きますか。あなたの心に神のみおしえがいつもあるようにするためには、どうしたらよいでしょうか。

 

悪しき者と正しい者の結末 37:34〜40

この世が自分の力で生きるようにとけしかけても、神の民は主を待ち望み、みおしえを守らなければなりません。神は、そのような人を高く上げ、地を受け継がせてくださいます。そして、悪しき者が滅びるのを見せてくださいます。ダビデは、かつて勢力を誇っていた悪しき者が跡形もなく消え去ったのを見ました。「全き人」「直ぐな人」「平和の人」には未来がありますが、罪を犯し続ける悪しき者には未来がありません。神は、正しい者に救いを与え、苦難のときに避け所(砦)となってくださいます。神は、ご自分に信頼する正しい者を、悪しき者から救い出し、生かしてくださいます。悪しき者の最後がどうなり、主を避け所とする正しい者の未来がどうなるかを、目にする日が来るでしょう。

 

-悪しき者の人生と正しい者の人生の結末は、どう違いますか。正しい者の未来を思い、今日あなたが耐え忍ぶべき困難は何ですか。

 

今日の祈り

神様のみおしえが心に深く刻まれるとき、よろめかないことが分かりました。私を悪しき者から救い出してくださる主を見上げ、苦難にあっても、悪しき者に出くわしても、善をもって悪に打ち勝たせてください。いつも神様とともに歩み、平和をつくる者となれますように。

 

* リビングライフの文章のコンテンツ著作権は、ツラノ書院にあります。

 

一般画質 オーディオ
No Update Title Lecturer Play
選択項目を連続再生 選択項目をお気に入りに登録