HOME > Q.Tリビングライフ
リビングライフ
放映
リビングライフ
編数 :1424 状態 :放映 트위터로 보내기
      ウィンドウを開く お気に入りに登録
profile

8 信仰によって、アブラハムは、相続財産として受け取るべき地に出て行けとの召しを受けたとき、これに従い、どこに行くのかを知らないで、出て行きました。
9 信仰によって、彼は約束された地に他国人のようにして住み、同じ約束をともに相続するイサクやヤコブとともに天幕生活をしました。
10 彼は、堅い基礎の上に建てられた都を待ち望んでいたからです。その都を設計し建設されたのは神です。
11 信仰によって、サラも、すでにその年を過ぎた身であるのに、子を宿す力を与えられました。彼女は約束してくださった方を真実な方と考えたからです。
12 そこで、ひとりの、しかも死んだも同様のアブラハムから、天の星のように、また海べの数えきれない砂のように数多い子孫が生まれたのです。
13 これらの人々はみな、信仰の人々として死にました。約束のものを手に入れることはありませんでしたが、はるかにそれを見て喜び迎え、地上では旅人であり寄留者であることを告白していたのです。
14 彼らはこのように言うことによって、自分の故郷を求めていることを示しています。
15 もし、出て来た故郷のことを思っていたのであれば、帰る機会はあったでしょう。
16 しかし、事実、彼らは、さらにすぐれた故郷、すなわち天の故郷にあこがれていたのです。それゆえ、神は彼らの神と呼ばれることを恥となさいませんでした。事実、神は彼らのために都を用意しておられました。

   
 

今日のみことばの要約

アブラハムは、信仰によって相続財産として受け取るべき地に出て行けとの召しに従って出て行き、天幕生活をし、彼を通して数多くの子孫が生まれました。彼らは、約束のものを手に入れられませんでしたが、天の故郷にあこがれ、信仰の人々として死にました。神は彼らのために都を用意しておられました。

 

 

みことばから

アブラハムの信仰 (11:8〜12)

信仰は不可能を可能にします。その前提は神の約束です。アブラハムは地と子孫に対する神の約束を信じました。それで、神の命令を聞いたとき、どこに行くのかを知らなかったにもかかわらず、故郷を離れました。彼は約束の地に暮らしながら、まるで異国の地に一時滞在するかのように生きました。彼が家族とともに「天幕生活」(9節)をしたというのは、一ヶ所に安住せずに暮らしたことを意味します。これは、彼が、神が設計され建設された都(故郷)を待ち望んでいたからです。アブラハムとサラは年老いていて、子を産むことができませんでしたが、最後まで神の真実さを信じました。その信仰はついに「ひとりの」死んだも同様の者を通して「数多い子孫」を生まれさせました。真実な神は真実なクリスチャンを喜ばれます。不可能を可能にする全能者の力は、真実な信仰の上に臨みます。

 

 - アブラハムが神から受けた約束は何ですか。今まであなたの人生で神が真実に果たしてくださった約束は何ですか。

  

自分の故郷を求めた人々 (11:13〜16)

自分が生まれ育った場所を懐かしむ人々がいますが、アブラハムはそのような考えを持ちませんでした。アブラハムと彼の子孫は地上の故郷よりも、さらにすぐれた故郷にあこがれていました。それで、地上では旅人、あるいは寄留者だと告白しながら生きました。このような信仰を見て、神は彼らの神と呼ばれることを恥となさらず、彼らのために都を備えてくださいました。この都は天のエルサレムであり、後に神の子らが入って永遠に生きる所です。ですから、私たちは地上に永遠にとどまるかのように生きるのではなく、真の故郷を望み、期待して生きるべきです。

 

 - アブラハムが地上で旅人として生きた理由は何ですか。さらにすぐれた故郷にあこがれるがゆえに、きょう、喜んで捨てるべきものは何ですか。 

 
 

きょうの祈り

信仰によって考え、話し、行い、神の御心を完全に果たす人生になることを願います。地上での生活がいくら良くても、天の御国のちりにすら値しないことを覚え、天の故郷をさらに慕い求めることができますように。父なる神様の前に恥ずかしくない信仰の子としてください。

 

 

* リビングライフの文章のコンテンツ著作権は、ツラノ書院にあります。

一般画質 オーディオ
No Update Title Lecturer Play
選択項目を連続再生 選択項目をお気に入りに登録