HOME > Q.Tリビングライフ
リビングライフ
放映
リビングライフ
編数 :1806 状態 :放映 트위터로 보내기
      ウィンドウを開く お気に入りに登録
profile

45 さて、十二時から、全地が暗くなって、三時まで続いた。
46 三時ごろ、イエスは大声で、「エリ、エリ、レマ、サバクタニ」と叫ばれた。これは、「わが神、わが神。どうしてわたしをお見捨てになったのですか」という意味である。
47 すると、それを聞いて、そこに立っていた人々のうち、ある人たちは、「この人はエリヤを呼んでいる」と言った。
48 また、彼らのひとりがすぐ走って行って、海綿を取り、それに酸いぶどう酒を含ませて、葦の棒につけ、イエスに飲ませようとした。
49 ほかの者たちは、「私たちはエリヤが助けに来るかどうか見ることとしよう」と言った。{ほかの者が槍を取って、イエスのわき腹を突き刺した。すると、水と血が出て来た。}
50 そのとき、イエスはもう一度大声で叫んで、息を引き取られた。
51 すると、見よ。神殿の幕が上から下まで真っ二つに裂けた。そして、地が揺れ動き、岩が裂けた。
52 また、墓が開いて、眠っていた多くの聖徒たちのからだが生き返った。
53 そして、イエスの復活の後に墓から出て来て、聖都に入って多くの人に現われた。
54 百人隊長および彼といっしょにイエスの見張りをしていた人々は、地震やいろいろの出来事を見て、非常な恐れを感じ、「この方はまことに神の子であった」と言った。
55 そこには、遠くからながめている女たちがたくさんいた。イエスに仕えてガリラヤからついて来た女たちであった。
56 その中に、マグダラのマリヤ、ヤコブとヨセフとの母マリヤ、ゼベダイの子らの母がいた。

 

 

今日のみことばの要約

12時から午後3時まで闇が全地をおおい、イエスは「わが神、わが神、どうしてわたしをお見捨てになったのですか」と大声で叫び、再び大声で叫んで霊を渡されます。神殿の幕が上から下まで真っ二つに裂け、地が揺れ動くと、イエスを見張っていた者たちは、イエスは本当に神であったと告白します。

 

 

みことばから

イエスが受けられた十字架の苦しみ (27:45〜50)
人となられた神であるイエスが十字架で受けられた苦しみは、歴史的事実です。イエスは午前9時頃に十字架につけられ、正午になると闇が全地を覆い、それが午後3時まで続きました。この世の光として来られたイエスが、闇の中で「わが神、わが神、どうしてわたしをお見捨てになったのですか」(46節)と叫ばれたのです。肉体の苦しみの中におられたイエスに、神との断絶という霊的な苦しみが加わった結果です。一人の人が酸いぶどう酒をイエスに飲ませます。イエスは、麻酔効果のある苦みの混ざったぶどう酒は拒まれましたが(マタ 27:34)、苦しみを増幅させる酸いぶどう酒はお飲みになり、極度の苦しみの中で霊を渡されます。イエスは、全人類のために罪を負い、十字架の苦しみをすべて受けられました。


 - イエスの叫びを聞かれた神はどのように感じられたでしょうか。だれかの救いのために、あなたが払うことができる犠牲は何でしょうか。


百人隊長の告白 (27:51〜56)
イエスの死は、新しいいのちの始まりです。イエスが十字架で息を引き取られた後、驚くべきことが起こりました。神殿の幕が上から下まで真っ二つに裂けたのです。その幕は、力の強い馬が両側から引っ張っても裂けないほど分厚いものでした。また、地が揺れ動き、岩が裂け、墓が開いて死んでいた人々が生き返ります。これを見た百人隊長は「この方は本当に神の子であった」と告白しました。皇帝のほかには神はいないと誓約し、忠誠を誓ったローマの百人隊長ですが、目の前の真実から目を背けることができなかったのです。イエスの十字架の死は、神と和解する道を開き、私たちに救いと永遠のいのちの道を開きました。


 - 百人隊長がイエスは神の子であると告白した理由は何ですか。イエスの十字架を通して、あなたはどのような恵みを受け取りましたか。

 

 

きょうの祈り

私を救うために神様に捨てられなければならなかったイエス様の十字架を見上げます。私たちが神様に近づく道を開いてくださったイエス様。私も神様と断絶されることが最大の苦しみであることを知り、いつも神の御前に出てその臨在の中にとどまることができますように。

 

 

* リビングライフの文章のコンテンツ著作権は、ツラノ書院にあります。

一般画質 オーディオ
No Update Title Lecturer Play
選択項目を連続再生 選択項目をお気に入りに登録