閉じる
HOME > Q.Tリビングライフ
リビングライフ
放映

リビングライフ

編数 :700 状態 :放映 트위터로 보내기
      ウィンドウを開く お気に入りに登録
profile

28 これらのことを話して後、イエスは、さらに進んで、エルサレムへと上って行かれた。
29 オリーブという山のふもとのベテパゲとベタニヤに近づかれたとき、イエスはふたりの弟子を使いに出して、
30 言われた。「向こうの村に行きなさい。そこに入ると、まだだれも乗ったことのない、ろばの子がつないであるのに気がつくでしょう。それをほどいて連れて来なさい。
31 もし、『なぜ、ほどくのか』と尋ねる人があったら、こう言いなさい。『主がお入用なのです。』」
32 使いに出されたふたりが行って見ると、イエスが話されたとおりであった。
33 彼らがろばの子をほどいていると、その持ち主が、「なぜ、このろばの子をほどくのか」と彼らに言った。
34 弟子たちは、「主がお入用なのです」と言った。
35 そしてふたりは、それをイエスのもとに連れて来た。そして、そのろばの子の上に自分たちの上着を敷いて、イエスをお乗せした。
36 イエスが進んで行かれると、人々は道に自分たちの上着を敷いた。
37 イエスがすでにオリーブ山のふもとに近づかれたとき、弟子たちの群れはみな、自分たちの見たすべての力あるわざのことで、喜んで大声に神を賛美し始め、
38 こう言った。「祝福あれ。主の御名によって来られる王に。天には平和。栄光は、いと高き所に。」
39 するとパリサイ人のうちのある者たちが、群衆の中から、イエスに向かって、「先生。お弟子たちをしかってください」と言った。
40 イエスは答えて言われた。「わたしは、あなたがたに言います。もしこの人たちが黙れば、石が叫びます。」

   

今日のみことばの要約

主は、弟子たちにろばの子を連れて来るよう命じ、尋ねる人があったら、主がお入用なのだと言うようにと命じられます。主がろばの子に乗ってエルサレムに入ると、人々は道に上着を敷き、喜んで神を賛美します。パリサイ人たちが彼らをしかってくださいと言うと、主は、この人たちが黙れば石が叫ぶと言われます。

 

みことばから

エルサレム入城(19:28~36)

イエスはみことばを成就するために来られました。イエスがろばの子に乗ってエルサレムに入城されたことは、メシヤに対する旧約の預言の成就です(ゼカ 9:9)。ローマの凱旋式に用いられる華やかに装った“馬”とは対照的な“ろばの子”は、イエスが戦いや武力で君臨する王ではなく、平和をもたらす謙遜な王であることを物語っています。イエスが弟子たちにろばの子の居場所を教え、「主がご入用なのです」という一言で連れて来させたことは、主が万物の主権者であることを表しています。そして、「まだだれも乗ったことのない」ろばの子は、神へのささげ物がきよくなければならないことを示しています。聖徒は、傷のないきよいイエスに、心の上着を敷いて尊敬を示さなければなりません。

 

- 人々はエルサレムに入城されるイエスに何を期待していましたか。イエスを王として迎える人は、どんな態度で生きるべきでしょうか。

 

だれもが賛美すべき主(19:37~40)

私たちの状況がどうであれ、主は、主であるがゆえに賛美されるべきです。当時、群衆は、死者を生かし、多くの奇蹟を行ったイエスの力を見て、主を賛美しました。彼らが政治的なメシヤ観を持っていたとしても、彼らの賛美の内容はイエスがどのような方であるかをよく表しています(38節)。すなわち、イエスは、神が遣わされた、「王」の身分として来られた方です。神の敵となった人間のために和解のいけにえとなられ、和解の道を開かれたイエスが来られたことは「天には平和」となります。イエスのすべての歩みと働きは神の御心を果たすことなので、「神に栄光」となります。強い妨げや反対があっても、メシヤが来られたことは宇宙万物が喜ぶことです。

 

- この人たちが黙れば石が叫ぶとは、どういう意味ですか。共同体として、また個人として、平和の王である主をどのようにあがめますか。

 

きょうの祈り

この地の罪人のためにへりくだり、死に至るまで犠牲となられたイエス様を見上げます。今だに罪の中にとどまっている私に向かって手を差し伸べられる主に、感謝と賛美をおささげします。神の国のために用いられる働き人になれるよう、主の品性にならわせてください。

 

 

* リビングライフの文章のコンテンツ著作権は、ツラノ書院にあります。

一般画質 オーディオ
No Update Title Lecturer Play Hit
選択項目を連続再生 選択項目をお気に入りに登録