HOME > Q.Tリビングライフ
リビングライフ
放映
リビングライフ
編数 :1363 状態 :放映 트위터로 보내기
      ウィンドウを開く お気に入りに登録
profile

27 それから、イエスは弟子たちとピリポ・カイザリヤの村々へ出かけられた。その途中、イエスは弟子たちに尋ねて言われた。「人々はわたしをだれだと言っていますか。」
28 彼らは答えて言った。「バプテスマのヨハネだと言っています。エリヤだと言う人も、また預言者のひとりだと言う人もいます。」
29 するとイエスは、彼らに尋ねられた。「では、あなたがたは、わたしをだれだと言いますか。」ペテロが答えてイエスに言った。「あなたは、キリストです。」
30 するとイエスは、自分のことをだれにも言わないようにと、彼らを戒められた。
31 それから、人の子は必ず多くの苦しみを受け、長老、祭司長、律法学者たちに捨てられ、殺され、三日の後によみがえらなければならないと、弟子たちに教え始められた。
32 しかも、はっきりとこの事がらを話された。するとペテロは、イエスをわきにお連れして、いさめ始めた。
33 しかし、イエスは振り向いて、弟子たちを見ながら、ペテロをしかって言われた。「下がれ。サタン。あなたは神のことを思わないで、人のことを思っている。」
34 それから、イエスは群衆を弟子たちといっしょに呼び寄せて、彼らに言われた。「だれでもわたしについて来たいと思うなら、自分を捨て、自分の十字架を負い、そしてわたしについて来なさい。
35 いのちを救おうと思う者はそれを失い、わたしと福音とのためにいのちを失う者はそれを救うのです。
36 人は、たとい全世界を得ても、いのちを損じたら、何の得がありましょう。
37 自分のいのちを買い戻すために、人はいったい何を差し出すことができるでしょう。
38 このような姦淫と罪の時代にあって、わたしとわたしのことばを恥じるような者なら、人の子も、父の栄光を帯びて聖なる御使いたちとともに来るときには、そのような人のことを恥じます。」

1 イエスは彼らに言われた。「まことに、あなたがたに告げます。ここに立っている人々の中には、神の国が力をもって到来しているのを見るまでは、決して死を味わわない者がいます。」
 

   

今日のみことばの要約

イエスが「わたしをだれだと言いますか」と聞くと、ペテロは「あなたはキリストです」と答えました。イエスが後に受ける苦難と復活について話すと、ペテロはイエスをいさめ始め、イエスは彼を強くしかります。イエスについて行きたいと思うなら、自分を捨て、自分の十字架を負い、ついて行かなければなりません。
 

 

みことばから

キリストであることと十字架 (8:27〜33)

イエスを正しく知ってこそ、正しい信仰の道に歩むことができます。「あなたは、キリストです」というペテロの告白を聞いたイエスは、弟子たちに、それをだれにも言わないようにと戒めます。ペテロはイエスがどんな方であるかを、ある程度理解していましたが、それでもまだ、イエスを力強い政治的・軍事的指導者だと考えていました。イエスは、ご自分が苦しみを受け、殺され、3日目によみがえらなければならないと、初めて弟子たちに語られます。ギリシャ語の原文は、必ず果たさなければならないことを意味する助動詞(ギリシャ語:デイ)を用いています。イエスが十字架で死に、よみがえることは、神が定めた道です。それでイエスは、これを否定したペテロをサタンだと言って叱ります。私たちも誘惑を断固として退け、使命の道を完走しなければなりません。


 - ペテロの信仰告白の内容をだれにも言わないようにとイエスが戒められたのはなぜでしょうか。あなたはイエスをどんな方だと信じていますか。


十字架を負って主に従う弟子 (8:34〜9:1)

弟子の目標は、イエスに似ることです。イエスは、群衆と弟子たちに向かって、ご自分に従う者は、自分を捨て、自分の十字架を負わなければならないと言われます。つまり、主の御心のために自分の計画や願いを捨て、自分の十字架を負って、従わなければならないというのです。イエスと福音のために、恥や嘲弄、また死までも覚悟しなければなりません。イエスとそのみことばを恥とする人は、弟子になることはできません。しかし、自分を捨て、十字架を負う弟子は、永遠のいのちを得ます。また、力をもって臨む神の国を見ることができます。その日、イエスが栄光の姿に変わり、復活と昇天(高められること)を経験します。


 - イエスについて行く弟子に必要な資質は何ですか。イエスの弟子としてあなたが喜んで甘受するべき恥と嘲弄は何ですか。

 

 

きょうの祈り

イエス様を救い主として告白しながらも、自己中心的な考え方で生きている弱さをお赦しください。日々みことばの権威の前に腐敗した自我を服従させることができますように。あざけりや辱めを受けても十字架の愛を覚えて耐え、福音を伝えることができますように。
 

 

* リビングライフの文章のコンテンツ著作権は、ツラノ書院にあります。

一般画質 オーディオ
No Update Title Lecturer Play
選択項目を連続再生 選択項目をお気に入りに登録